ハンブルク大学学長一行が来学されました(2017年10月4日)

2017年10月4日、ハンブルク大学(ドイツ)のディーター・レンツェン (Dieter Lenzen) 学長一行が来学し、山極壽一総長、稲葉カヨ理事らと懇談しました。本学とハンブルク大学は今年6月に国際シンポジウムを共催し、高分子化学分野などでその後も順調に交流が進んでいます。懇談では、第2回国際シンポジウムをはじめとした更なる学術交流の発展について意見が交わされました。

その後、レンツェン学長は本学の高等研究院を訪問し、森重文院長と懇談しました。

関連リンク

「ハンブルク大学-京都大学共催シンポジウム2017を開催しました。(2017年6月6日~8日)」: http://www.oc.kyoto-u.ac.jp/symposium/Hamburg-kyoto-symposium2017/report.html


Search
pagetop