DAAD-Kyoto University Partnership Programme towards SDGs(ドイツ)

概要

 

 交流事業

京都大学とドイツ学術交流会(DAAD)とのマッチングファンドにより、日独を中心とする研究グループ間で、「国連の持続可能な開発目標(SDGs)」達成に資するような未来につながる国際共同研究を目指す、志の高い若手研究者(Early Career Researcher: ECR)の短期海外派遣を支援します。

学術研究支援室とドイツ・ハイデルベルクの欧州拠点に駐在するURAが、若手研究者の相互交流を支援します。

 

 派遣・受け入れ

*2020-21年公募 * 終了しました

  • プログラムの種類 

次の3タイプの取組を支援します: 

  Type 1:京都大学とドイツの大学・研究機関から若手研究者(ECR)を双方向で派遣する。 
  Type 2:京都大学からドイツの大学・研究機関へ若手研究者(ECR)を派遣する。
  Type 3:ドイツの大学・研究機関から京都大学へ若手研究者(ECR)を派遣する。

  • 派遣対象:博士学位(Ph. D.等)取得後5年以内の研究者、および博士学位取得中の学生
  • 支援内容:ドイツの大学・研究機関 / 京都大学への短期滞在のための旅費 学会・シンポジウム参加費等

 

*プロジェクトは、学内とドイツ学術交流会の双方の審査を経て選考の上、決定されます。

*詳細な公募情報については、学術研究支援室Webサイトをご参照ください。
 ドイツ側の公募情報についてはDAAD Website 公募情報 (ドイツ語)をご参照ください。

 

 滞在レポート

本事業によりドイツに研究滞在した本学の研究者、本学に研究滞在したドイツの研究者の滞在レポートを掲載しています。

問い合わせ

学術研究支援室【あいだ】担当
TEL : 内線16-5179 (園部、桑田、仲野、鈴木、中久保)
E-Mail: aida-a-kura.kyoto-u.ac.jp (“-a-“を@に置き換え)

大学間教職員交流事業

資金配分機関との交流事業

過去の交流事業

Search
pagetop