ウィーン大学 (オーストリア) (2013年度まで実施)

概要

※ 現在本事業は行っておりませんが、ウィーン大学は別途「短期教員受入プログラム」を実施しています。(2015年現在)
国際企画課での取りまとめのない(総長推薦不要の)直接応募ですが、採択されて渡航される場合は、国際企画課へご一報お願いいたします。
ウィーン大学 Non-EU Teaching Mobility (Incoming) – University of Vienna (短期教員受入)【学内限定】

交流事業

本交流事業には、以下の2つがありました。

  • 京都大学に所属する研究者のウィーン大学への派遣
  • ウィーン大学に所属する研究者の京都大学への招へい

歴代参加者一覧

歴代参加者一覧 (PDF:136KB)【学内限定】

派遣

京都大学からウイーン大学への派遣研究者は、本学において選考の上、決定されます。

招へい

ウィーン大学から京都大学への招へい研究者は、ウィーン大学において決定されます。本交流事業を利用してウィーン大学から研究者を招へいしたい場合は、当該研究者にウィーン大学側の手続方法を確認するよう連絡してください。

pagetop