date September 1st-2nd, 2014

京大-台湾大シンポジウム 2014

開催概要

趣旨

京都大学は、世界に卓越した知の創造を行う大学として一層発展し、真のトップレベル大学としての地位を確立することを目標に、2013年6月に国際戦略「2x by 2020」を策定しました。その一環として、海外他大学との共催で、全学的な国際シンポジウムを毎年開催しております。

国立台湾大学とは、2013年12月に台湾で第一回シンポジウムを開催し、本年9月に京都大学にて、「京都大学-国立台湾大学第二回共催シンポジウム」を開催する運びとなりました。

本シンポジウムを通じて、両大学が多様な学術成果を広く世界へ発信することにより、国際社会における本学のプレゼンスを高め、両大学間の国際共同研究の推進に寄与することを目的とし、多岐にわたる14分野のパラレルセッションにおいて、最先端の研究発表が行われます。

多数の皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

パラレルセッション:

  • Advanced Disaster Prevention and Mitigation
  • Agriculture
  • Biology
  • Electrical Engineering and Computer Science
  • Humanities
  • Law
  • Management
  • Medicine
  • Museum
  • Nanoscience and Technology
  • Natural Hazards and Global Change
  • Public Health
  • Research and Development
  • Social Sciences
pagetop