概要

京都大学では今日の社会における急速なグローバル化の流れを受け、世界に卓越した知の創造を行う大学としての発展と、世界トップレベル大学としての地位確立を目指しています。本学ではアジア、ヨーロッパ、北米における海外拠点の設置を進め、大学の研究理念として掲げる「研究」「教育」「社会貢献」を軸に国際化を推進します。

京都大学では長年に渡りASEAN地域で積極的に研究教育活動を展開してきました。そして、ASEAN地域における研究、教育、国際貢献の深化を支援するため、平成26年6月「京都大学ASEAN拠点」を設置しました。

京都大学ASEAN拠点では、これまで蓄積されてきた研究教育活動を有機的に繋つなぎ、ASEAN各大学・研究機関等との協力し、この地域の潜在力の発揮と発展に資する活動を目指します。

本拠点は、ASEAN全域をカバーするため、この地域のハブ的な位置にあるタイ王国バンコク市内に設置しました。同時に、東南アジア研究所「バンコク連絡事務所」をはじめとする各部局の海外オフィス、在タイの日本政府関連機関等との機動的な連携を進めていきます。また、本拠点には所長、URA、事務職員を配置し、国際戦略本部、学術研究支援室等との連携を密に運営していきます。

4つのミッション

1. ASEAN地域における研究活動の支援

ASEAN地域の科学技術情報の収集および発信、同地域の研究プロジェクトの創発支援及び国際共同プロジェクトの運営支援、同地域における部局の研究活動支援。

2. ASEAN地域における教育活動の支援

ASEAN諸国の大学との交流の推進、留学希望者への情報提供、留学相談の実施、日本留学説明会への参加、本学への出願手続き及び現地入試の支援。

3. 本学教職員・学生の国際化の推進

本学教職員・学生のASEAN地域におけるインターンシップ、能力開発プログラムの企画。

4. 広報・社会連携・ネットワーク形成

国際貢献プログラムの推進、ASEAN地域に位置する本学の海外拠点(京都大学-ベトナム国家大学ハノイ共同事務所、部局所有の34拠点等)、学術交流協定の締結先、政府機関、同窓会等との連携推進。

ASEAN地域における海外オフィス

京大の海外拠点

 

 

pagetop
Search