欧州拠点 (ハイデルベルク)


京都大学欧州拠点(ハイデルベルク)は、欧州との学術交流を促進するため2014年5月に設置されました。

欧州拠点では、本学の欧州地域における研究・教育活動の支援、本学教職員・学生の国際化の推進、および広報・社会連携・ネットワーク形成の4つのミッションを活動の軸としています。併せて日独6大学学長会議ネットワーク(HeKKSaGOn)における日独交流の窓口を担っています。

拠点開設時は、産官学連携欧州事務所として既設の旧ロンドンオフィス(2009年2月設立)とハイデルベルクオフィスの2つを軸に活動を展開してきましたが、ロンドンオフィスの閉鎖に伴い、その機能の一部は欧州拠点(ハイデルベルク)及び大学本部に集約されています(詳細)。

IMG_0054   IMG_0149

 

欧州拠点のミッション

1.欧州地域における研究活動の支援

  • 学術研究動向・学術政策等の情報の収集及び発信
  • 欧州の研究機関との国際共同研究・研究者交流の機会促進
    セミナー・ワークショップ及び国際シンポジウムの企画・運営等の支援
  • 日欧の国際共同研究資金の情報の収集及び発信

2.欧州地域における教育活動支援

  • 欧州地域における教育・留学情報の収集及び発信
  • 共同教育プログラムおよび留学プログラムの運営支援
  • 派遣および受入留学希望者への情報提供、留学相談の実施、日本留学説明会への参加

3.教職員・学生の国際化の推進

  • 京都大学若手人材海外派遣事業「ジョン万プログラム」の一環として、欧州拠点への事務職員派遣
  • 欧州留学中の本学の学生への、国際経験醸造の機会提供

4.広報・社会連携・ネットワーク形成

  • 在欧の日本の政府関係機関および大学機関、欧州の教育研究機関・ファンド機関との連携
  • 欧州における京大関係者によるネットワーク形成
  • 欧州の教育・研究動向、本学の学生・教員の活動、欧州拠点の活動等に関する情報発信
  • 日独6大学学長会議ネットワーク(HeKKSaGOn)における交流促進

日独6大学学長会議ネットワーク(HeKKSaGOn)

HeKKSaGOn(ヘキサゴン)は、日本とドイツの主要6大学(ハイデルベルク大学(Heidelberg)、京都大学(Kyoto)、カールスルーエ工科大学(Karlsruhe)、東北大学(Tohoku [in Sendai])、ゲッティンゲン大学(Göttingen)および大阪大学(Osaka))からなる大学ネットワークで、研究者および学生の交流、共同研究の推進、サマースクール等の開催など日独大学間の交流を推進することを目的として、平成22年に結成されました。

Layout 1

pagetop
Search