date September 11th-12th, 2014

第2回京都大学-ボルドー大学共催シンポジウム

開催概要

趣旨

本シンポジウムは、京都大学とボルドー大学が共同で開催する第2回目のシンポジウムであり、京都大学において開催されます。

京都大学は、世界に卓越した知の創造を行う大学として一層発展し、真のトップレベル大学としての地位を確立することを目標に、2013年6月に国際戦略「2x by 2020」を策定しました。その一環として、海外の大学との連携を深めるべく、全学的な国際シンポジウムを毎年開催しております。一方、フランス・ボルドーでは伝統ある3つの大学が志を一つに、世界を牽引する知の創生とそれを担う人材の育成を目指し、2014年1月に新たな総合大学として再生しました。

その直後となる2014年5月、京都大学とボルドー大学による第1回シンポジウムが、ボルドーにおいて開催され、多分野にわたる研究の交流が開始されました。ともに大きな変革を迎える日仏の大学が知を結集させ、両大学の伝統と最先端の知識を合わせた横断的な研究の芽が萌芽しつつあります。

第2回目となる本シンポジウムでは、両大学が共通の課題として掲げる下記の8つのテーマに沿って、最新の研究成果を共有することを目的としています。その成果は、日仏の学術連携をさらに発展させ、21世紀のグローバルリーダーシップを持続的に担う人材の輩出に貢献するものとして期待されます。

  1. 都市政策
  2. 文化財科学
  3. 情報科学と生産・物流システム
  4. 材料科学
  5. 栄養・食品科学
  6. 医学画像
  7. 公衆衛生科学
  8. 未来型健康促進の産学連携
pagetop