HeKKSaGOn日独6大学アライアンス


 
2010年、日本側から京都大学、大阪大学、東北大学、ドイツ側からハイデルベルク大学、ゲッチンゲン大学、カールスルーエ工科大学の計6大学が、両国の科学と知識の進歩向上を目指す学術交流を目的として設立しました。
 
Tohoku_small uni_goett_small Osaka_University_Logo_New_small

ハイデルベルク大学

京都大学

カールスルーエ工科大学 東北大学 ゲッティンゲン大学 大阪大学

 

概要

HeKKSaGOnは日独二国間の、そして世界規模の繁栄・課題解決に貢献するために、研究教育活動において協力しています。第一フェーズ(2010年~2018年)は、1年半毎の学長会議や研究ワーキンググループ、研究者や学生の交流事業等を通じて、日独6大学の学長・副学長や研究者、学生同士の繋がりを着実に深めてきました。第二フェーズ(2019年~)では、以下のような活動を行うことが学長会議で合意されています。

欧州拠点は、HeKKSaGOnのドイツにおける日本側窓口として活動に深く関わっています。

 

  • Priority Areas*に関連した課題設定に基づく研究グループの設置
  • 学外の研究機関や連携企業による研究プロジェクトへの参画
  • 若手研究者向けの研修や大学院生向けの共同プログラムの実施
  • 学術スタッフや研究者、学生の相互モビリティ促進
  • 国内外ファンド機関からの資金獲得を目指した協力体制の構築
  • 技術革新や応用を目的とした、一般社会に対する研究成果の公表

 

 

*国連の持続可能な開発目標(S D Gs)に関連して学長会議で決定された4つのPriority Areasは以下の通り。

  • Transcultural studies and the transformation of cultural heritage
  • Data science, digitization, and artificial intelligence
  • Health, well-being, safe and resilient societies
  • Engineering molecular systems and bioimaging

 

 

主な活動

日独6大学学長会議・研究セッション・学生サマースクール等の開催、ファンド プログラム(旅費助成)による支援をしています。過去の事業一覧はこちらをご覧ください。

第7回HeKKSaGOn学長会議(2019年9月12日、13日 於:ハイデルベルク)

日独6大学共同声明の調印式(2019年9月13日)

 

ミッションステートメント

quotation-marks-left

In consideration of

  • the traditionally good relations between Japan and Germany and
  • the long-lasting successful collaboration between research institutions of the two countries

and remaining of the conviction

  • that all major global problems can only be solved by international cooperation in research and by the open and free exchange of knowledge and research results,
  • that changes in one part of the world have effects in other parts,
  • that it is the responsibility of the scientifically and technologically advanced nations to find solutions not only for their own countries but on a global scope
  • that universities should provide education and training to students and young researchers which prepare them for the demands and challenges of a globalized world.

six leading research universities from Japan and Germany decided in July 2010 to establish a bi-national network in order to intensify their cooperation in research and teaching in areas of high importance for the welfare of their societies and mankind as a whole.

Ellipsis

 

フルバージョンはこちら http://www.hekksagon.net/289.php

 

HeKKSaGOn学長会議

開催期間事業名開催地関連HP
2019年9月12日~13日第7回日独6大学学長会議・研究セッションハイデルベルク大学報告
2018年5月12日~13日第6回日独6大学学長会議・研究セッション大阪大学報告
2016年9月29日~30日第5回日独6大学学長会議・研究セッションカールスルーエ工科大学報告
2015年5月16日~17日第4回日独6大学学長会議・研究セッション東北大学報告
2013年9月12日~13日第3回日独6大学学長会議・研究セッションゲッチンゲン大学報告
2012年3月29日~30日第2回日独6大学学長会議・研究セッション京都大学
2010年10月29日~30日第1回日独6大学学長会議・研究セッションハイデルベルク大学

 

HeKKSaGOnウェブサイト

本アライアンスの詳細については、こちらをご覧ください。

pagetop
Search